不動産流通事業営業部 店長

土井 恵祐2013年 中途入社

プロフィール

2013年にハウスドゥへ入社。住宅販売モール橿原店にてハウスエージェントとして不動産売買仲介営業を担当。2017年には店舗異動を経て店長へ昇格。翌年からは新設のインサイドセールス課の課長として立ち上げを行い、草津店へ異動して店長業務と兼務する。現在は不動産売買事業の買取バイヤーも担当し、3足のわらじを履きながら多方面で活躍する。

入社の動機

新卒で接客業を行っていましたが、より自分の強みを活かして活躍できるチャンスや、選択肢・可能性が多い職場で働きたいと考え、転職を決めました。 大学で不動産の法律について学んでいたため、不動産業界に絞り会社を探していました。ハウスドゥは当時成長途中の会社で、チャンスも多くあり上を目指せる環境が整っていると感じたため入社を決意しました。不動産業は未経験でしたが、未経験でも様々なことにチャレンジすることができ、現在では事業を横断して複数の業務を担当しています。業務の幅が広く大変な部分はありますが、自身のスキルや経験を活かしてキャリアアップをすることができ、今後のキャリアの可能性もまだまだあると感じます。

仕事について

現在の仕事について

直営店の店長として、部下のマネジメント、育成、店舗運営業務を行っています。試行錯誤の日々ですが、裁量が大きく様々なことに挑戦できるため、非常にやりがいを感じています。また、内勤営業を担当するインサイドセールス課の課長を兼任し、システム構築やマネジメント業務を行っています。IT技術を駆使した仕組みづくりは大変おもしろく、今後はより一層効率の良い営業活動の仕組みをつくり、ハウスドゥの発展に貢献したいです。

異動について

入社後は不動産売買仲介営業として従事し、店長への昇格に合わせて店舗異動をしました。地域性が違うためご相談内容も異なり、不動産の奥深さを理解することができました。その後は、インサイドセールス課の立ち上げに伴い草津店に異動し、店長業務と兼務しています。様々な店舗を経験してみて、店舗によって教育の質に違いがあることに気付きました。将来的には部長として全店舗の教育やマネジメントをして全体の底上げをしていきたいと考えています。

1日のスケジュール

09:00

出社

基本は一番早く出社し、店舗の開錠を行います。

09:10

朝礼

清掃後、全体・店舗朝礼にて当日の業務確認等を行います。夕方は夕会にて業務進捗確認等を行います。

10:00

訪問査定同行

お家を売却したいというお客様のご自宅へ訪問し、査定を行います。本日は部下の同行です。

12:00

昼休憩

昼食は基本的に店舗でとります。持参した弁当か、宅配弁当を注文。たまに近くの飲食店に行きます。

13:00

物件打ち合わせ

お客様からお問い合わせいただいた物件を管理する不動産業者様と物件についての打ち合わせ。

16:00

書類チェック

本日ご契約をいただくお客様の重要事項説明書と契約書を不備や間違い等が無いかチェック。

18:30

退社

店舗の閉店後、全員が退社した後に退社します。

OFFの私

OFFの日は家族で出かけています。まだ子どもが小さいので、近くの動物園や水族館、子ども向けの施設や公園に遊びにいくことが多いです。元気いっぱいで疲れることもありますが、子どもが楽しそうにしていると癒されます。

ハウスドゥの
好きなところ

ハウスドゥの好きなところは、人が良いところです。困ったことがあれば相談しやすい環境が整っています。今は店長として店舗を作る立場になりましたので、さらに良い環境にできるよう心掛けています。また、売買仲介の営業職に関しては、個人で数字を追っていくのではなく、チーム・店舗として周りの人と協力し助け合いながら達成を目指すので、みんなで成長し高め合うことが出来る環境も非常に魅力的です。

私の「業界を変える」想い

不動産会社ではまだまだ業界主体でお客様ファーストではない部分が多数あり、ハウスドゥはそんな業界の体質を変えようとしています。 その中で私は、店長として部下がお客様の利益を最優先し行動できるようになれるよう、育成に力を入れています。目先の損得だけでなく、お客様のことを考えて行動していくことが、最終的にはお客様の幸せだけでなく、社員の幸せ、成長、会社の発展につながると考えています。

求職者へのメッセージ

成長できる環境、挑戦できる環境、そしてより上を目指すことができる環境がハウスドゥにはあります。今の仕事で物足りない方や、新しいことにチャレンジしたい方、自分を成長させたい方にはぴったりだと思います。活躍するチャンスは多数ありますので、ぜひハウスドゥで共に不動産業界を変えていきましょう。

OFFの私

OFFの日は家族で出かけています。まだ子どもが小さいので、近くの動物園や水族館、子ども向けの施設や公園に遊びにいくことが多いです。元気いっぱいで疲れることもありますが、子どもが楽しそうにしていると癒やされます。

キャリアプラン・研修制度について